Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« A5, Bhutan ブータン | トップページ | Portable Tateshina (2) 蓼科移動(続) »

2012年6月17日 (日)

QRZ Logbook

Qrz_dot_com_logbook_june_2012_ss

Two contacts were added to my "QRZ Logbook" after my portable operation in JAFF-056 two weeks ago, and I confirmed them. Though these do not match with my original logbook precisely because I went on the air with two letters, a slash and a "0", attached to my call-sign, I have made it a rule to neglect these differences as the QRZ.com database does not accomodate portable designaters.

The Italian station, IZ3LCI, seems to have a hexbeam and to be an island station, IOTA EU-131, Veneto Region group near Venice.

I do not use this logbook positively, but entered a couple of lighthouse-related contacts worked by my portable operations as experiments.

By the way, the WFF program will become more enjoyable if hams in nearer countries such as China and Korea become more interested in it. In this regard I would like to list the callers from these two countries in my last portable operation here: BD3CT, BH4LOS, 6K2ACV, 6K2COU, HL1IBG.

移動運用で多くの局と交信すると、QRZ.com のログブックに記入される交信が少しあります。先日のJAFF-056 の後には、2局が載りました。こちらは、移動運用なので、コールの後に2文字を付けていますから、厳密にいうとマッチしていないわけですが、これは無視してコンファームすることにしています。QRZが付加文字に対応していないので、仕方がないと思います。

IZ3LCI局は、へックスビームのユーザーで、ヴェネツィアとアドリア海の間にある砂洲状の島がQTHのようです。ありがたい交信でした。

こちらからは、だんぶん前に、実際はポータブル1で行った交信を2つ試しに入力してみました。これらはコンファームされていないようです。

BY局からログに記入があったついでに、今回の移動でコールがあったBYとHLの局を書き出してみました。近いところでWFFへの関心が高まるとよいなと思っています。

 

« A5, Bhutan ブータン | トップページ | Portable Tateshina (2) 蓼科移動(続) »

Radio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: QRZ Logbook:

« A5, Bhutan ブータン | トップページ | Portable Tateshina (2) 蓼科移動(続) »