Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月29日 (木)

Gambling?

Img_3575s

Am planning to use an old FC-1000 automatic antenna tuner and a new FT-450DM tranceiver. The technical staff of the manufacturer told me that it was possible in theory if I prepared a connecting cable by myself, but I should do it at my own risk, as they had not tested the combination. Apparently, the company's policy is to sell the new tuner, FC-40, at about \50,000.
In the photo, the the left side of the cable goes to the linear amplifier terminal of the tranceiver and the right side goes to the controller unit of the tuner. Three RCA plugs and a Molex connector were removed from the cable that was connecting my old FT-757 and the controller. The FT-757 went out of order in January and could not be repaired due to the lack of parts.
It was cumbersome to match nine wires of differnt colors and connect them by soldering.

Img_3577s_2

長年使っていたFT-757が故障して修理不能なので、代わりにFT-450DMを買いました。オートチューナーのFC-1000はまだ壊れておらず、もったいないので、接続ケーブルの工作をして、使ってみたいと思っています。メーカーのサービスは、線をちゃんと繋げば使えるはずだが、動作の確認はしておらず、自己責任でやってください、とのことでした。さて、結果はどうでしょうか?

早く免許の手続きをしないといけませんが、週末にかけて予定があってすぐにかかれません。

2012年3月25日 (日)

電気記念日

今日、3月25日は、電気記念日だそうです。この日のことが出てくる雑文を、"General Information" のところにあるウェブページにアップしました。(タイトル「ブラントン、エルトン、浅野応輔」)

残念ながら、現在のわが国では、電気が重苦しい話題になってしまいました。

2012年3月24日 (土)

「兵隊先生」

松本仁一著「兵隊先生-沖縄戦、ある敗残兵の記録」(新潮社、2012年3月20日発行)を読みました。
一昨日の夕方から読み始めて、半分ぐらいでやめたのですが、寝る前に、もう少しと思ってまた読み出したら、やめられなくなり、床についたのは夜中をだいぶん過ぎてからになってしまいました。
ひとりの長野県出身の陸軍兵が主人公、ある住民家族が脇役です。その人たちの視点から、沖縄戦の過酷な現実が描きだされています。
文章が簡明で歯切れ良く、読みやすい本です。
終わりに短いエピローグがあって、そのあとに「少し長めのあとがき」があるというユニークな章立てになっています。
忙しいと途中からあとがきを読みたくなるものですが、この本では、お勧めしません。ミステリーのトリックを明かすようなことになってしまうので、詳しい紹介も控えます。お勧めの一冊です。

I read a book just published recently. I could not stop reading it and finished around half past one yesterday morning.
The title is “Heitai Sensei (A Soldier Teacher): Okinawa-sen, Aru Haizanhei no Kiroku (The Battle of Okinawa; A Record of a Straggler)” The author is Jin-ichi MATSUMOTO, a retired newspaper reporter, who used to cover unstable African countries.
The main figure was an airplane mechanic of the Imperial Japanese Army. He was stationed at the North (Chatan) Airfield of central Okinawa and miraculously survived the battle, having been forced to become a straggler.

2012年3月22日 (木)

Oak Tree 欧州ナラ

There is a pedanculate oak tree in a park in my neighborhood. The tree is also called English oak or European oak. There are not many grown pedanculate oaks in Japan. There was a nursery for parks and streets of Tokyo at this site about one hundred years ago, and somebody must have imported and planted the tree there. The tree bears much larger acorns than indigenous oaks in fall. To my regret, this tree seems to show its age and may not survive a next big typhoon, as a part of its bark near the ground is falling  .

Img_3552s

By the way, "World Flora & Fauna DL" in Germany uses an oak leaf and acorns as its logo mark.  http://www.wff-dl.de/

Dlff03_2 

一昨日行った近所の公園にヨーロッパナラの木があります。ここのものほど大きいのは日本では珍しいようなので、3年ほど前に教えてもらってから、ときどき見ています。大きなどんぐりが生ります。英国やドイツでは、昔から親しまれているようです。

2012年3月21日 (水)

春分の日

昨日は、春分の日、お彼岸の中日でした。

東日本大震災の犠牲者の方々のご冥福をお祈りします。
また被災地の早期の復興を心から願っています。
特に親が亡くなった子供たちには同情しています。昔と違っておじおばなどの親族が少なくなり、
また親族のつながりも薄くなっているだけに、気がかりです。祖父母がいる子供たちの場合は、長寿化で祖父母が元気な場合が多いかもしれないのは、救いかもしれません。

近所を散歩したら、花が咲いていました。寒桜でしょうか。

Img_3567s

2012年3月20日 (火)

Tokyo Gate Bridge

Sunday afternoon, after my portable radio operation, I drove through the Tokyo Rinkai Highway including the new Tokyo Gate Bridge to the Wasasu Seaside Park. The bridge was opened on February 12 and has been covered by mass media frequently for its unique design. The shape was chosen to get nessesary clearance for large ships and to keep low profile to aviod danger for airplanes landing at and departing from nearby Tokyo International (Haneda) Airport. 

Two lighthouses that mark the eastern entrance to the Tokyo Harbor are almost coverd by the new bridge now.

Img_3543s   

The red light is the Tokyo East Breakwater Light, ARLHS JPN-1472, and the white one is the Tokyo Middle Breakwater East Head Light (listed in the WLOL as the Tokyo East Passage West Breakwater Light,) ARLHS JPN-1473.

日曜日の移動運用のあと、臨海道路を通って若洲へ抜けました。

新しいゲートブリッジの上を歩いてみました。東京東防波堤灯台と東京中央防波堤東灯台が下に小さく見えていました。

橋へ上がる階段は、橋のレベルの1階上の展望室までで、195段でした。そこから橋の真ん中まで約800メートルです。歩道で中央防波堤まで行けますが、そこから外へは現在は出られないとのことです。

2012年3月19日 (月)

Portable LH (2) 移動運用(2)

The site I operated radio yesterday was about ten kilometers from downtown Tokyo. Probably because of this location, I had two visitors to my car. One asked me which band I was to go on the air. He said that he was a ham but was inactive due to personal reasons.

Another gentleman came over in the afternoon and asked me if he could go one the air on 40 meter phone. As I was about to QSY to higher bands, I said OK and told hime to let me know if my signals bothered him. His car was parked about thirty meters away from mine. After half an hour or so, he came with the news that he was having difficulty by my 17 meter CW operation.  Fortunetely, I just finished a contact with a station in New Caledonia, and thinking of closing, I started to dismantle my fishing rod vertical from the roof of my car.

His home brew vertical antenna system was quite impressive and informative to me.

昨日の移動運用では、都心に近く便利な場所のためか、二人の訪問者がありました。

午後に来た方は、7メガSSBを運用希望ということで、こちらの18メガCWと同時運用を試みましたが、30メートルほどしか離れたいなかったので、受信に影響が出るとのことでした。こちらは、朝の7時40分ころ到着してやっており、そろそろ終わる時間でしたので、撤収に入りました。この方の塩ビパイプとワールド・ワイドの5.4mの竿、太めのプラスチック容器に巻いたローディング・コイル、自作バランを使ったバーチカルアンテナは、とても良くできていて、参考になりました。

当方は、車の屋根に立てた6mほどの釣竿バーチカル・アンテナ(VCHコイル入り) でした。

交信では、18メガ以外は、はじめの方にできた方がクラスターに載せてくださって、コールが続き、ネットなどでおなじみの方々とも何局も交信できました。

2012年3月18日 (日)

移動アマ無線 Potable Lighthouse

今日は、東京都大田区城南島へ行き、海浜公園で無線の移動運用をしました。

公園から東に伸びている防波堤の先端に東京西防波堤灯台があり、ARLHS JPN-1476 というナンバーが付いています。

天気は曇ときどき小雨であまり良いとはいえませんでした。

Img_0242ts_3

写真は一昨年1月のもの。Photo was shot in January 2010.

Operated radio in the vicinity of the Tokyo West Breakwater Lighthouse, ARLHS JPN-1476. Total number of contacts was 75.

MHz      total     JA     oversea

7           31      31       -

10          29      29       -

18           3       -        3

24          12      6        6

total       75     66       9

2012年3月17日 (土)

「軍艦奉行木村攝津守」 "Kimura Settsu"

「軍艦奉行木村攝津守-近代海軍誕生の陰の立役者」 土居良三著、1994、中公新書、を読みました。二度目です。土居著の本は、「咸臨丸海を渡る」からはじめて、全部読んだはずですが、二度目でも新鮮でした。

主人公の没後4年目に、次男の木村駿吉が無線機の開発で日本海海戦勝利の功労者になるところまで書かれています。

Read "Gunkanbugyo Kimura Settsuno-kami(The Warship Secretary KIMURA, The Lord of Settsu Province): A Hero behind the Scene of the Birth of the Modern Japanese Navy," by Ryozo DOI, 1994. The book was very interesting though it was the second time for me to raed it.

In the final chapter, the fact that KIMURA's second son, Shunkichi KIMURA, succeeded in developing radio equipment for warships in time for the use in the Battle of the Japan Sea in 1905, is mentioned. It was four years after the death of KIMURA Settsuno-kami. Shunkichi was one of the signatories representing Japan in the Berlin Conference on the international radio communication in 1906.

2012年3月16日 (金)

Started blogブログ開始

Do not know how long this will last, but just felt like trying writing my blog.

どのくらい続くかわかりませんが、ブログを試してみることにしました。

トップページ | 2012年4月 »