2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018年11月13日 (火)

狭山茶の里ウォーキング2回目 Walking in Sayama City, Saitama

11日(日)は、西武新宿線新狭山駅スタートの鉄道沿線ウォーキングに我が家の隊長と一緒に参加しました。「さやま大茶会」という地元のイベントに合わせてある催しなので、毎年、コースもほとんど同じようです。
昨年の記事は下です。
狭山茶の里ウォーキング

今年の天気は、晴れたり曇ったりで、富士山までは見えませんでした。
入間川の河川敷に下りる前に、しばらく農地沿いの道や公園の林の中を歩きます。奥富というところのようでした。
Dsc_1996s_2

Dsc_1998s
狭山大橋から昭代橋まで、入間川左岸を上流へ歩きました。昭代橋の上流側の芝生広場にテントがいくつも並んで店が出ていました。幼稚園児の鼓笛隊演奏やカヌー教室もやっていました。ごぼう饅頭とこんにゃくを求めて休憩しました。

Dsc_2007s
ここでコースは昭代橋を渡って狭山市駅へ戻る6キロコースとさらに上流の広瀬橋を渡り、県営狭山稲荷山公園を回る10キロコースに分かれます。10キロコースに行く隊長と別れ、駅へ向かいました。駅の近くの広場では、豚汁のサービスや障害者支援ボランティアNPOのテントが出ており、施設製のドーナッツを求めました。豚汁のところで、女性ボランティアの一人から話をきくことができました。狭山市だけでなく周辺自治体を含む広域のボランティアが支援しているそうです。

Dsc_1995s             スタートから間もなく、アンテナ・タワーを見付けました。
            八木は50メガ用で、HFはダイポールのようでした。

2018年11月11日 (日)

ローテーターのトラブル The Trouble with the Antenna Rotator

5年前に住いを改築したときから、屋根の上にルーフタワーを置き、21-28MHz用のHB9CVアンテナを上げていました。そのアンテナが9月の末ごろから、180度方向を向いたまま、回らなくなってしまいました。

設置を頼んだところにメールで相談したのですが、マニュアルにチェック法が書いてあるので、テスターを取り出してチェックし、メーカーのクリエートデザイン社とメールでやりとりしてみました。

Img_3551s
その結果は、7芯のコントロール・ケーブルの6番線の断線が疑わしいということになりました。先日のローカル・クラブのミーティングでそのことを話したところ、電気店をしているメンバーが、TVアンテナの設置などで、梯子を持ち、屋根にはよく上がっているので、見てあげても良いということで、昨日、11月10日(土)午前に来てもらいました。

Rotator_check_20181110
上では、ケーブルよりもローテーター本体の方がチェックしやすいということで、そちらからやってもらったところ、コネクターの6番ピン内部(回路図では可変抵抗の片側)が導通なしになっているので、ケーブルではなく、本体内部の不具合と判明しました。

結局、専門業者にはずしてもらって、修理するか交換するしかないようです。日にちがかかりそうですが、このところ、毎週土曜日の夜に28メガで区内の局長とラグチューするのが主な使用法で、当局は区の最北部に住んでいるので、幸に大きな支障はありません。

The rotating system of my 21 and 28MHz antenna went out of order late September probably due to a typhoon. A local radio operator came to check it yesterday morning, and it was found that the rotator on the roof was not working properly.

2018年11月 5日 (月)

東伏見駅-井荻駅ウォーキング Walking from Higashifushimi to Iogi

関東地方の紅葉は12月初めのころがベストで、11月初旬はまだ少しだけです。
昨日、11月4日(日)の西武鉄道沿線ウォーキングは、東伏見駅から井荻駅まで、4駅分、約7キロのコースでしたが、武蔵関公園の富士見池(写真)や善福寺池のほとりに若干見えている程度でした。

Rimg0058s

この二つの池のほか、千川上水沿いの道やいくつかの公園を通る道でしたけれど、ほとんどがこれまでに行ったところでした。最後の方で、トイレのために、ちょっとコースをはずれて、桃井原っぱ公園に寄りましたが、ここは、すぐ近くまでは来ていたものの、中は入るのが初めてでした。当日は杉並区のイベントがあって家族連れで賑わっていました。
XYLは別の予定があり、単独で参加しました。3日までの秋らしい晴天から変わって、どんよりとした天候で、最後にゴールで50ポイントをもらった後、駅までの3分ほどの道は傘を差しました。10時10分スタート、12時30分にゴールでした。

Rimg0070s
善福寺池から井草八幡宮の境内を抜けて行くコースでしたが、八幡宮の手前の高台に大きな3エレのHFビームアンテナが見えていました。

2018年10月31日 (水)

ノッティングヒルの恋人 Movie "Notting Hill" and Kenwood House

前回に続いて映画関連の記事になります。

映画・ドラマのDVDを次々に見ていることを、学生時代の友人数人との昼の会食で話したら、このうちの一人が大の映画好きで、昔からめぼしい作品はほとんど見ているようで、メールのやりとりが始まりました。
綾瀬はるか出演の「今夜、ロマンス劇場で」を良いと思ったなら、ジュリア・ロバーツ主演の「ノッティングヒルの恋人」(原題は"Notting Hill")を勧めるとのことで、見てみました。
いずれも、往年のオードリー・ヘップバーン主演の名作「ローマの休日」と少し似たところがあります。ただ、その似方はそれぞれなので、「ロマンス劇場」と「ノッティングヒル」を比べた場合は、少ししか似ていません。

この映画は、ジュリア・ロバーツが演じるハリウッドの有名スターと、ヒュー・グラントが演じるロンドンの高級住宅地、ノッティイングヒルの小さな本屋の主人とが、片や有名スター、片やしがない本屋の大きな差にもかかわらず、恋人同士となる話です。
大部分が本屋とそのすぐ近くの男の住居を舞台にしていますが、終盤に、ジュリア・ロバーツがイギリスに来てロケ撮影をしているところに、ヒュー・グラントが会いに行く場面があり、これは、ロンドン西部の広い公園であるハムステッド・ヒースが舞台なのです。
その中の古い館の前が撮影に使われていますが、ネットを見ていたら、この館は、ケンウッド・ハウス、"Kenwood House" という歴史的建造物であることが分かりました。
城のアワード、WCAのナンバーも付けられていて、WCA G-00211 です。

写真は下のウェブ・ページでご覧ください。
ケンウッド・ハウス
Wikipediaにも写真があります。

管理人は、現在、移動局用にYAESUとICOM、(このところ移動はICOMが多く、YAESUは常置場所で留守番)、固定局(100W)用にKENWOODを使用しており、特にどこのファンということはありませんが、たまたまその内の一社のブランド/社名と同じ名前の建物を見付けたので紹介しました。
ブランド名が選ばれたいきさつもネットである程度分かりましたが、この建物から採ったことにはなっていません。ただ、当時の経営トップに多彩な方面で活躍した人がいて、欧米の事情には明るかったらしいので、潜在的には影響があったのかも知れません。

2018年10月29日 (月)

映画「あなたへ」 Movie "Anatae (To You)"

2週間ほど前になりますが、綾瀬はるか出演の映画「あなたへ」をDVDで見ました。高倉健が最後に出演した映画で、管理人でも知っている俳優、タレントがかなりの数出ている、それなりに製作費もかけたと思われる作品でした。

内容も、人生、人との関わりなど、考えさせられるものでしたが、富山から平戸島まで、キャンピング用に改装したワンボックスカーで旅をするということで、日本各地の美しい風景を見られることも、映画を興味深いものにしています。
出てきた城跡と灯台を取り上げてみます。

普通の道順からは少しはずれるように思いますが、兵庫県朝来市の竹田城、WCA JA-00200、は天空の城として知られています。

Takeda_castle_236049h
Takeda_castle_img_0944
(写真は朝来市のHP より)

終盤、高倉健の演じる主人公が平戸島に到着してから、灯台の見えるところの場面があります。これは、平戸島ではなく、長崎湾口の伊王島にある伊王島灯台、ARLHS JPN-172、(Io Sima Nagasaki と登録されています)、で撮影されたそうです。
この灯台は、死んだ主人公の妻の遺書の絵葉書にも描かれていて、彼女の生まれ故郷のシンボルになっています。

Ioujima_lh_image(写真は、海上保安庁HP より)

なぜ富山なのかと考えてみましたが、初めの方に富山平野から見た日本アルプスの景観が出てくるので、そのためかと推測しました。もっとも、夏の終わりのはずなのに、山々は雪が積もっており、ちょっとずれているのではないかと疑ってしまいました。

2018年10月22日 (月)

広島旅行 -宮島・江田島- Miyajima and Etajima, Hiroshima

しばらく泊りがけの旅行に行っていませんでした。10月19・20日、金・土に、15人のグループの旅行で、広島へ行きました。
広島には何回か行っていますが、ほぼ10年ぶりくらいと思います。

1日目は夕方、安芸の宮島の対岸にある宮島口のホテルに集まりました。ホテルは海に面していて、正面に宮島が見えています。弥山、(SOTA JA/HS-160) も手に取るように良く見えました。
Img_3553s

夜の会食後は、ナイト・クルーズで大鳥居の傍まで行くという趣向でした。

Dsc_1874s
2日目は、宮島口-宮島-広島宇品港-江田島小用港と3回船を乗り継いで、江田島に上がりました。
下は広島港西防波堤灯台(推定、ARLHS JPN-1770)から瀬戸内海を望んだところです。
Dsc_1890s
江田島では、小用港からバスで旧海軍兵学校、現海上自衛隊幹部候補生学校・第一術科学校正門に向かいました。
午前11時からの解説付き構内見学に参加し、午後1時過ぎごろまで、あちらこちらを見学しました。

Img_3613s
左が明治26年(1893年)竣工の旧生徒館、右が大正6年(1917年)建築の大講堂です。
前面のきれいに刈られた芝生の向うに桟橋が見えていました。江田島湾に面したこの桟橋の方が正式の入り口と考えられていたようです。

見学終了後は、小用港に戻り、船で呉に渡りました。多少のハプニングもありましたけれど、好天に恵まれ、気持ちの良い旅でした。江田島は2回目でしたが、年齢から、もうまた来ることはないと思います。

広島から宮島口、呉から広島と2回、JRの在来線で広島市周辺を見たので、改めて川の多い広島の特徴を実感しました。乗った呉線の行き先は緑井という知らない駅でしたが、広島駅から先は、市の北部へ通じる可部線へ乗り入れていることを初めて知りました。

2018年10月14日 (日)

安行武南自然公園移動運用2回目 Portable JAFF-0219 #2

秋のアマチュア無線移動運用の第2回の行き先として、同じく近場の埼玉県立安行武南自然公園、JAFF-0219、を選び、10月11日(木)に行ってきました。
ここには、約2年半前、2016年3月16日に行っているので、2回目ですが、前回はポイントのゲットにぎりぎりの44交信しかできませんでしたから、まだ需要はありと推測しました。
前回に、無線移動運用のこと と、行き先の公園のこと と2回にわたってブログに書き、写真も計6枚を出しました。今回は、場所、アンテナなど、みな同じでしたので、短いレポートにします。

無線は12時JST過ぎから1615ごろまで、7メガと14メガCWで交信しました。
合計54交信、うち14メガでのオーバーシーは5交信で、内訳はEU 1, OC 1, AS 3 でした。
前回は、オーバーシー3交信(EU, 3エンティティー)でしたので、ほとんど変わりがありませんでした。前回のオーバーシーは、18メガだった点が、バンド・コンディションの違いを反映しているかと思います。
また、前回はなかった、スマホでのSNS利用もしてみましたが、効果のほどは明らかではありません。
前回は、バッテリーに問題を抱えていたようで、そのことが、交信数が少なかったことの要因かと推測します。

「さぎ山記念公園」というここの都市公園(PK 13/02)は、昭和40年代の半ばごろまで、サギの繁殖地だったことを記念して作られたもので、サギがいた当時の写真などを展示したさぎ山記念館があります。
サギのはく製もいくつかありました。

Dsc_1829s

       頭の色がきれいなアマサギです。
Img_3529s
前回は3月半ばで、まだイチョウなどの落葉樹には葉がありませんでしたけれど、今回は桜の葉がまだ残り、サクランボがきれいでした。
この日は雲がどんよりと垂れこめていて、1500ころ、西隣の見沼自然公園の方へしばらく散歩に行ったときには霧雨となりましたが、無線にはまったく支障ありませんでした。

Activated the Angyo-Bunan Prefectural Nature Park, Saitama, JAFF-0219, on Thursday, October 11, for the second time. Logged 54 contacts including 5 oversea stations in HA, VK, R7, UA0 and BG land on 40 and 20m bands.

2018年10月 8日 (月)

戸隠 Togakushi, Nagano Prefecture

家の近所にこの数年、かかりつけ医院としてお世話になっているところがあります。
この医院の院長は、女医で、副院長は院長の夫です。副院長は、別の病院勤務が本業で、週に1回だけ循環器科で診療に当たっています。家から100mくらいとごく近いし、院長先生は快活な良い方で、ホームページなどで「・・・コミュニケーションを大切にした『地元密着型の家庭医』をめざして、診療にあたります。」と標榜しているので、安心してかかれます。
ホームページに、「私は物心がついた頃から、地域の皆様のために医師として働く家族の姿が身近にあり・・・」とあったので、どこの出身なのかなと知りたく思っていました。なんとなく、首都圏の中の房総あたりかなと、勝手に想像していました。

9月14日(金)に、このクリニックで、年に一回の区民健康診断を受けました。
待合室で雑誌のラックを見ると、一冊の俳句集が目にとまりました。
「戸隠:句集」今井恭著というものでした。

Dsc_1626s
おそらく身近な方のものだと思い、診察のときにきいてみると、やはり著者はお父上で、山奥から出てきたのですよ、とのことでした。
今年の2月25日の記事に書いたように、戸隠には、学生時代に、友人たちと戸隠連山を縦走したことと、1週間民宿で勉強した思い出があり、うれしくなりました。
昨年の12月には、ひょんなことから、副院長が管理人の高校の同窓生と分かったので、この医院を身近に感じていましたが、ますますここと不思議な縁があるように感じました。

このことを長野県出身の友人にメールで知らせたところ、戸隠、(現在は長野市戸隠、旧戸隠村)といっても広いので、どこかきいてみたらとのことでした。翌週に結果を聞きにいったときに、聞いて見ましたら、人が多く行く戸隠高原、戸隠神社のあたりではなく、旧柵村とのことでした。難しい字でちょっと読めませんが、「しがらみ」と読むそうで、高原の南側、裾花川の両岸にまたがっていたようです。
(結果は幸いに異常なしでした。)

待ち時間に本をもう少し詳しく見て、メモをとり、写真も撮りました。

以下に句集のさわりだけ紹介します。 (原文は旧字体です。)

句集発行: 平成26(2014)年、東京文芸社
著者: 昭和3(1928)年、長野県上水内郡柵村生れ、松本医学専門学校卒、今井医院開業。二男三女あり(クリニック院長は二女)。
なお、院長先生より、お父上は一月前に亡くなられたとのことでした。ご冥福をお祈りします。

〔院長のこと〕
賞を得て卒業といふ娘(こ)の電話

大賞を受けて娘(こ)の春医学会

〔各節の題が織り込まれた句〕
漁火のまたたき幾つ春の不知火

花辛夷(はなこぶし)峡(かい)の暮るるをほしいまま

五月雨をきゝつゝ医書を繙けり

落ちてなほ地に咲くごとし凌霄花(のうぜんか)

〔その他〕
NHK全国書道展
啓蟄や書道展にて特選と

父医より三世代経て子に継ぐか

四世代診てわれも又八十路はる

戸隠の霧の母なる渦曲(うづくま)の谷

飯縄は鰯の雲を空に着て


Went to a local clinic to check my health, and found that her father was also a doctor in Togakushi, Nagano Prefecture, as there was a book of the collection of his haiku poems in a magazine rack. I spent some days in Togakushi, climing mountains and studying  when I was a university student and felt somewhat closer to the doctor.

2018年10月 6日 (土)

JAFF P2Pハンティング WWFF Park to Park Contacts Chasing

アマチュア無線のWWFF、「ワールドワイド・フローラ・ファウナ」のアワードに"P2P"賞があります。"Park to Park" の略で、WWFFのレファレンス・ナンバーのある自然公園等の区域内からオンエアし、区域内から出ている局と交信をして、10交信に達すると、アワードがもらえます。その後は、44、88などでさらにアワードが発行されます。
管理人は、1年ほど前に、10交信のアワードを受領しています。
一昨日、10月4日(木)は、2日ほど前に、JM6CIP局からJAFF-0409、宮崎県立矢岳高原自然公園に移動の予定とのインフォメーションがあり、さらにJA7GAX局から、JAFF0161、宮城県立船形連峰自然公園に移動して、P2Pをねらいたいとのメールがありました。
そこで、管理人も、移動機材のチェックを兼ねて、久しぶりにJAFF移動運用をし、あわよくば一度の2ポイントのP2Pをゲットしようと考えました。

行き先は距離的に一番近い、JAFF-0199、東京都立狭山自然公園にしました。
1030JSTごろに多摩湖畔の駐車場に到着し、リグにアンテナをつないで7メガを聴いてみると、JA7GAX/7局がたいへんFBに入感しています。
こちらはだいぶん出遅れていて、あちらはすでにひとしきりサービスされた後のような気配なので、急いでコールし、交信することができました。
JM6CIP/6局は、すぐ隣の周波数で出ていて、こちらはそれほど強くはありませんでしたが、クリアに聞こえており、2分後に交信することができました。

Dsc_1759s
その後、CQを出し、同じく7メガで17局と交信しました。1150Jころに14メガでもCQを出してみましたが、コールはありませんでした。
何か忘れものがありそうだと覚悟していたところ、いつも持っていくサンドイッチなどの食べ物を忘れていました。1330Jごろに撤収して、丘を下りた新青梅街道のラーメン店で、遅めの昼食をとって帰りました。

Went to chase JAFF P2P contacts and succeeded to log 2 P2P QSO's on 40m CW from JAFF-0199 last Thursday:
JA7GAX/7 @ JAFF-0161 and JM6CIP/6 @ JAFF-0409.

17 ordinary contacts were logged on that day also.

2018年9月28日 (金)

伏見通り/新武蔵境通り Fushimi Avenue

今年は、9月の下旬になってもなかなか気温が下がらないようで、夏の間あまり歩かなかったので弱り気味の足の運動も思うにまかせません。
24日(月・祝日)は、武蔵野市の西部の日本料理店で、家族の祝い事の昼の会食がありました。
我が家の隊長と一緒に西武新宿線の西武柳沢駅から歩いて行きました。この駅は我が家から向かうと、田無駅の一つ手前、東伏見駅の次で、行政区域は西東京市です。
少し東へ行くと伏見通りという南北に伸びる幅の広い道路に出ました。
この日は雨にはならなかった代わり、かなりの暑さで、ちょっとたいへんでしたが、ひたすら南へ進みました。
15分くらい行ったところで、千川上水に架かる関前橋を渡りました。上水は幅が1メートルくらいのものなので、橋といっても道路の下に暗渠があるような感じです。

Dsc_1653s
写真は東を見たところで、右の木立の中に千川上水があります。
千川上水の南は武蔵野市で、通りの名も新武蔵境通りと変わるらしいのですが、標識は確かめませんでした。

五日市街道を横切り、駅から30分強歩いたところで、井の頭通に達しました。料理店はその交差点のそばでした。

次男一家、新潟から参加の2人と楽しく食事を済ませた後、帰りは、東伏見駅を目指して、伏見通りの東側の細い道をたどって進みました。

料理店の裏手、北側には広い畑が残っていましたが、その向うにアンテナ・タワーが見えました。
Dsc_1704s
かなり大きなアンテナのようなので、畑の向う側まで行ってみました。
7エレメントの5バンド用キュビカル・クワッドでした。記憶する限り、この局のように大きなクワッドを見たのは初めてです。(コールサインも推定できましたが記載は控えます。)

北北東方向が駅のはずなので、そちらへ進んだのですが、途中で武蔵野中央公園とNTT中央研究所(下の写真)という大きな敷地の施設があり、だいぶ東の方へずれて、武蔵野市役所前の通りの西の裏道あたりまで行ってしまいました。
Dsc_1719s
結局、武蔵関公園の西、早大グランドのところに出て、以前に同公園散策記事で紹介したのと同じように、グランドと石神井川の間を西に進みました。
この日もカワセミがいて、今度はなんとか撮影に成功しましたが、スマホのカメラなので、あまり良いものは撮れませんでした。

Dsc_1721s
しばらく進んで東伏見駅へ通じる道路に出、北、右へ曲がり、駅に着きました。復路は公園でしばらく休んだりしたこともあり、小1時間かかってしまいました。
普通ならJR中央線

«映画、TVドラマとマンガ Films, TV Dramas and Manga