Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2020年7月13日 (月)

ローカルビッグアンテナ局の思い出 Memory of a Big & High Antenna Station

あちこちで依然として大雨が降ったり予報されたりしているようです。被災された方々、警戒中の方々にお見舞い申し上げません。

先日のローカル・ラグチューで、あちらこちらのアマチュア局のアンテナの話題になり、最寄りのJR駅の近くのビルの屋上の塔屋の上のタワーに大きなアンテナが上がっていたことを、相手局からいわれました。
このアンテナの局の局長は一時、ローカルのクラブにも入っていたことがあって、会ったこともあり、Iさんという姓とビルの名前はすぐに思い出したのですけれど、肝心のコールサインがどうしても思い出せません。
クラブ員全員にメールして尋ねたところ、覚えている局長はいませんでしたが、一人が平成6年、1994年の名簿を保管していて、これに載っているJM1SEC局ではないかと知らせてくれました。

ビルの名前でサーチしてみたところ、ネットに写真がありました。
http://www.satohide.co.jp/works/01/01-04.html

アンテナは現在はもうありません。無線局情報検索でも結果は0件と出ます。コールをとられたのは比較的後だったようですが、当方よりも年長の方のようでしたし、お元気かどうか定かではありません。

この局とは、印象的な交信の思い出があります。
1999年に初めて太平洋方面に無線機を持ってバヌアツに行き、YJ0ACFのコールで運用したときに、コールしていただきました。
ログもどこにしまったか忘れていて、しばらく探しました。8月18日の0951UTC(2051 Vanuatu TIme)で、この日の午後到着してセットを終わり、夕方に10数局交信したあと、食事休憩に行ったようです。その後40分くらいで交信しています。
ほかの局よりも一段強い突出した信号で、地上高の威力をはっきりと感じました。9階建てのようですが、その上の塔屋とタワーでおそらく50メートルはあったでしょう。
2134857_org
カードをいただいたはずなので、探してみましたが、整理が悪く、今のところ、見つかっていません。
カードの箱に、ご家族を含めた近況報告がプリントされている暑中見舞いの葉書があって、下の欄外に、カード受領のお知らせと、交信時のことのコメントが付記してあります。
「・・・最近ボケでcall聞いてもとっさに判りません。IshiiやJH1ZISと云われても分からず終り頃にやっとJCFさんが判ったら手が振えて乱れました、失礼。」とありました。
こちらが、オペレーターのコールを知らせて、同じクラブの者だと伝えたのだと思いますが、CWですからあまり詳しくも打てず、とっさにはピンとこられなかったようです。

Yj0acf-qsl
この時の運用地は、バヌアツ北部の主要な島であるエスピリツサント島の南の狭い水道であるセゴンド水道を渡ったアオレ島で、島の海辺にあるアオレ・アイランド・リゾートというところでした。上の写真がコテージ、QSLカードの写真は食堂、オフィスのあるメインの建物で、送迎のボートの船着き場もすぐそばにあります。
アンテナはコテージの前の木に上端を上げたループアンテナでした。(当局のQRZ.comページに、フォト蔵という写真サイトの写真へのリンクを付けています。)

2020年7月 8日 (水)

女子プロゴルフトーナメント開幕戦(2) The First Golf Game of JLPGA in 2020 (2)

梅雨の末期の大雨で、各地に被害が出ているようです。亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに被災された方々にお見舞い申し上げます。

昨日、七夕の7月7日は、例年は20人ほどの会合があるのですが、今年は新型コロナで中止になりました。
昔の職場の同期生なので、我が国の社会では、いくつかある会の中でもベーシックなものですけれど、仕方がありません。
また、毎週火曜日は、プールで水中腰痛改善教室があり、なるべく行っていましたが、2月以降は休んでいます。そろそろ再開しても良いかと思いますけれど、場所が新宿の歌舞伎町で、残念ながら国内では一番ホットな場所だし、こちらが高齢で、いちおう薬を飲んでいる状態なので、もう少し様子を見ようと思っています。
毎朝の隊長のテレビ体操と朝食後の300mトラック行きにずっと付き合っているので、運動不足はそれほど心配していません。
今朝はたまたま隊長が用事で、トラックには行かなかったので、近所の森の公園へ行きました。
ヒマラヤスギの落ち葉が林内に敷き詰められていて、足の裏の感触がなかなか良い状態でした。

Dsc_1376s
我ながら暇だなと思ってしまいますけれど、いまだに先日の女子プロゴルフの余韻にひたり、ライブ中継の中の選手インタビューを見たり、見逃した時間帯のプレーを見たり、また、優勝した渡邉綾香選手や関係者のSNSを見たりしています。
メモをなくすかもしれないので、ブログにそれらのタイトルだけ書いて、記録しておきます。

〇 アース・モンダミンカップ:LIVE配信

〇 Instagram   "watanabeayaka_official"
〇 Twitter   "渡邉彩香@watanabeayaka2"
  (どちらもマネージャーが管理しているようで、本人の関与の程度は不明です。忙しい多くのプロ選手のSNSは同様でしょう。)

〇 〔川口淳専属キャディの解説〕YouTube  "キャディグッチ プレー入りま~す"

〇 〔茂木宏美ネット中継レポーター〕 "茂木宏美ブログ" 
  (主催のアース製薬所属プロ、コースからのレポート、選手インタビュー等担当。奇しくも、5年間優勝できなかった渡邉彩香が2015年に最後に優勝したときに、最終組で一緒にまわっていたそうです。このことで茂木プロが感極まってしまったのも、中継を盛り上げていました。なお、このときのもう一人のプレーヤーは、現在、日本人女子プロのオリンピック選手候補のトップにいる、当時はアマチュアで16歳の畑岡奈紗でした。)

2020年6月30日 (火)

女子プロゴルフトーナメント開幕戦 The First Golf Game of JLPGA in 2020

新型コロナウイルスの感染拡大でなかなか開催されなかった今シーズンの女子プロゴルフのトーナメントがやっと開幕し、6月26日(木)から29日(月)まで、アース・モンダミンカップが千葉県のカメリアヒルズカントリークラブで行われました。
今回は、インターネットでリアルタイムで実況中継が無料放映されたので、雨天で順延となった28日(日)を除いて、毎日都合のつく限り見ていました。

テレビにPCを繋げれば良いのですが、今のところその体制がないので、PCで見ました。
長時間にわたって見るにはあまり快適でなく、サウンドにも不満がありますが、試合の進行をフォローするには十分でした。
また、上位者に焦点を合わせたカメラと、注目ホールに置いたカメラ、さらに選手インタビューなど4つのチャンネルから選ぶことができ、試合開始からずっと中継されるので、参加選手を幅広く見ることができます。

最大のお目当ては今や国民的スターの渋野日向子選手でしたが、予選落ちしてしまいました。初日の雨が強い時間帯のプレーとなり、不運だったようです。
試合では、新人やしばらく不振だった選手の活躍が目立ちました。そのため、ゴルフ中継を見始めたのは昨年8月以降である管理人には初めての選手が多かったのですが、終盤の試合は激しい競り合いとなり、久しぶりに緊迫したスポーツの試合をたっぷり楽しみました。

優勝した渡辺綾香選手も昨年は不振だったようで、知りませんでした。この4~5年の不振からのカムバックということですが、長身でスタイルも良いので、今後の試合での活躍を楽しみにしたいと思います。
2番目の息子の会社と少し縁がある2~3の若手選手を応援していますが、優勝した渡邊彩香選手も同じ縁があるので、今後は応援したいと思います。

2020年6月19日 (金)

CQ誌創刊号 Tha First Issue of JA CQ Magazine

10日ほど前ですが、不要なクリアーファイルがないかと書棚を見たら、古い雑誌のコピーをクリアファイルに入れたものを見付けました。
このところ、忘れていたのですが、数年前にサイレント・キーとなられたローカルのJA1TT局からいただいた、「CQ ham radio」誌の創刊号のコピーでした。

Img_20200619_0001_new_page0001-s

Img_20200522_0007_new_page0001-s

昭和21年(1946年)9月1日発行となっていて、表紙を見ると、JARL、日本アマチュア無線聯盟(連盟)の機関誌のように見え、第1ページにも「アマチュアの心」と題して、連盟会長 八木秀次工学博士の巻頭言が載っています。ただ、奧付けには、発行所 株式会社科学新興社、定価4円となっているので、社団であるJARLが自ら発行したものではないようです。編輯人は大河内正陽とあります。ご存じのように戦前はJ2JJ、戦後はJP1BJRで活躍された大OMです。
JARL事務局や現在のCQ出版社などに行けば現物が保管されているのかも知れませんが、せっかくコピーしてファイルに入れて下さった貴重なものなので、紹介しておきます。
活字、印刷は良質とはいえませんが、戦時中は禁じられていた短波の受信が解禁されてSWLが可能となった当時の、同好者たちの熱気が感じられます。

One of the local ham radio operators, JA1TT, gave me a copy of the first issue of Japanese "CQ Ham Radio" magazine several years ago. He became silent key a few years after that. Since the publication was only one year after World War II, printing appeares to be shabby, but I can sence the enthusiazm of radio amateurs and short wave listners in those days from the pages. 

 

2020年5月30日 (土)

東京都立狭山自然公園、多摩湖畔移動運用 Portable JAFF-0199

一昨日、5月28日(木)は、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が解除されたこともあり、久しぶりに無線の移動運用に行きました。
行き先は今までに何度も行っている、多摩湖、村山貯水池湖畔の都立狭山公園(都市公園)の駐車場です。ここも緊急事態の間は閉鎖されていたようです。
10742s 
JST11時過ぎから散策を挟んで1時間半ほどの小手調べ移動で、何度も行っているところなので、さすがにコールはあまりなく、12交信でした。7メガ中心で、1度だけ14メガでもCQを出してみましたが、JA局から1回コールがあっただけでした。
都市公園でもあるので、公園アワードのナンバー何度も行っているところなので、さすがにコールはあまりありませんでした。
写真もラインと同じものです。
カメラを持っていったのですが、アンテナを立てたあとは撮るのを忘れました。
MLへのメールも忘れたし、公園アワードのナンバー、PK-123B、を前の晩に調べたのに、11時台には忘れて送りませんでした。

Img_5234s
人工の貯水池ですが、広々とした湖面を眺めると気分も伸びやかになります。

Img_5237s
時節柄、利用自粛要請の看板が出ていました。

Img_5238s
今まであまり意識したことがありませんでしたけれど、園地や堰堤の方へ進む入り口に取水塔を模した門柱のあるゲートがあります。

天候は晴れたり曇ったりで、日が射すと暑く感じましたが、まだ5月なので耐えられないほどではありませんでした。
この日の夕方には雷雨があり、帰宅後、近くへ出て、家から100mくらいのところで降られてしまい、傘があったのに、Gパンがびしょ濡れになってしまいました。

Went to activate JAFF-0199, Sayama Prefectural Nature Park, Tokyo, on Thursday, May 28. Logged 12 QSO's on 40 and 20 meter bands. I intended to check my antenna and rig for portable operations as it had been about four months since my last JAFF activation.
 

2020年5月15日 (金)

50MHz用DJ4VMループ再実験 Loop Antenna, DJ4VM style (2)

5月3日の記事で50MHz用にV/UHFトライバンド・バーチカルを立てて見たけれど、東南方向のローカル局と交信ができなかったことを書きました。
5年ほど前にDJ4VMループの実験用に作った50MHz用のアンテナを、ベランダに上げてみることにしました。
(2015年10月12日 (月)記事 「DJ4VMループ Loop Antenna, DJ4VM style」)

前のときはHFで使えそうかどうかを知るための実験でしたので、スプレッダーのサポートに木製の破魔矢の矢柄を使い、スプレッダーも移動運用用のものを使いましたが、今回はその後入手していたばら売りの半端もの釣り竿(グラスファイバーかカーボンファイバーかは不明)と矢柄と同じ太さ、10mmΦの黒い塩ビパイプを使い、多少の雨でも耐えるようにしました。

Img_5219s

この写真を撮ったあと、風で回るのを防ぐためにロープを付けました。また、ベランダが軒端から僅かしか出ていないので、ポールと軒の間隔が狭く、この高さでは自由に回転させられないので、東西方向には苦しくなりますが、バーチカルよりも風圧を受けるので、これより高くするのは不安です。
引き下ろしているこげ茶色TVフィーダーの長さも、これ以上高く上げると不足して、ベランダの壁の上あたりに固定しているマッチングボックスまで届かなくなります。
とりあえずほぼこの状態で、明日の20:00JSTからのローカルのオンエア・ミーティングでレポートをもらってみようかと思います。

Set the DJ4VM type loop on the second floor balcony this week. Would like to see if I can get a better report from a local station to the southeast, which reported that it could not hear my signals sent from a vertical on the same balcony a couple of weeks ago.

2020年5月 7日 (木)

移動局免許の更新

アマチュア無線局の免許のうち、移動局の方の有効期間が「平 32.9.14.まで」でしたので、先般、更新申請書を郵送していたところ、5月2日(土)に新しい免許状が届きました。
マークしたところに、「令 7.9.14まで」となっています。
フレームの下には固定局免許状を入れていて、こちらは昨年更新したので、1年前の「令 6.6.30まで」です。
昨年、期限に気が付くのが遅れてだいぶん余計な手間がかかったので、忘れないように、フレームに入れて壁にかけてありますが、いつまで続けるか、店じまいの仕方を考えておいた方が家族に迷惑がかからないのかも知れません。 

Img_5210-m

My license for the portable amateur radio station was renewed and a new license document arrived to my shack about a week ago. We are required to get a seperate home station license if we want to use transmitters with over 50 watts out put. It is a little cumbersome to file seperate application documents to the authority. The digital application is possible, but as the system appears too complicated to use, I sent a paper last time.

 

2020年5月 3日 (日)

V/UHF用バーチカルアンテナ A Vertical for V/UHF Tri-band Vertical Antenna

 ローカルのアマチュア無線クラブは、毎週土曜日の夜、20時JSTから50.350MHzでオンエア・ミーティングを開いています。ただ、当局は50メガ用のアンテナがないので、参加したことがほとんどなく、若干の局と21時から28.350MHzでラグチューにお付き合いしてもらっていました。
先般SKされたJA1EYL局の遺品の50-144-430MHz用のバーチカル、DIAMOND社製V-2000をご遺族から頂戴したので、ベランダに立ててみました。3週前から試していますが、これまでは参加局が少なく、ミーティングというほどになりませんでした。
昨日、5月2日(土)は、当局を含めて5局だったので、ちょっとミーティングらしくなりました。

Img_5201s

 

Img_5205s

ラジアルを3本付けるのが本来ですが、50メガ用にはローディングコイルの付いた1本だけで使えるようです。
ただ、残念ながら東南方向へ2キロくらいの1局とは交信が成立しません。少し台地の陰になるからか、途中のマンションで遮られるからか、偏波面が合わないからか、原因は不明です。
アンテナをルーフタワー上の21/28MHz用のHB9CVに替えると、信号が聞こえます。
地上高の不足が基本的な原因かと思われます。

Have set a vertical antenna for V/UHF three bands on the balcony. It was at the shack of a YL operetor whose key became silent some months ago. R.I.P.

2020年4月 4日 (土)

QSL Card of KH1, Baker Island

昨日は久しぶりにダイレクトでQSLカードが届きました。1月に貯めていたQSLを発行したときに、OQRS、オンラインQSL請求サービスを利用して請求したものでした。
ニュー・エンティティーではありませんが、大がかりなペディションだったので、いちおうカードをもらってみたいと思いました。

Img_5197s

 

Img_5196s

二つ折りのカードで、2ページ目には虫眼鏡で見ないと読めないような小さい字で、いろいろ書いてあります。

4ページのオペレーター・チームの写真の面に5枚の小さな写真があります。
また、2ページ目にも同じ小さな写真が4枚あり、うち1枚は1937年に単独太平洋横断飛行の途中で行方不明になった女性パイロット、アメリア・エアハートの写真です。このペディションは彼女の失踪の81周年を記念したものだとありました。あわせて、1935-1942年にこの付近の中部太平洋のアメリカ領の島嶼に植民を試みた若者のグループ(写真には8人が写っています。)の活動も記念したものだったそうです。

ペディションの主体は、Dateline DX Association, 「日付け変更線DS協会」となっています。ベーカー島は、赤道と日付け変更線、東経180度線の交点の少し北東にあるので、なるほどと思いました。

3ページには、ドネーションをした団体の縮小したロゴマークがずらりと70程も並んでいます。JAの団体も4つほど載っています。
4ページ(裏側)は、チームのメンバーの集合写真で、14名だったそうですが、JAからも一人、JN1THL局が写っています。

数年前まで、太平洋戦争前期の航空戦のことを調べていました。このところ遠ざかってしまいましたが、書き溜めたものを見ると、昭和18年(1943年)9月上旬にこの付近の海域で二式大艇が米軍空母戦闘機に撃墜されていました。
参考にしている Eric Hammel "Air War Pacific" によると、この頃にベーカー島を初め中部太平洋の米国領の島々に航空基地が整備され、11月下旬からのマキン・タラワ上陸作戦の準備が整えられていたそうです。

 

2020年3月24日 (火)

小石川植物園 Koishikawa Arboretum

3月22日(日)は、我が家の隊長にお供して、小石川植物園へ出かけました。往路は西武池袋線の東長崎駅まで30分ほど歩き、池袋駅からは地下鉄丸の内線を茗荷谷駅まで乗りました。電車はそれほど混んでいなかったものの、池袋駅の地下道はかなりの人出でしたが、その中を歩く程度では、テレビでいっている警戒するような接触は、あまりないのでしょうか。

Rimg0496s

門から上がる坂の左手に植物園本館があります。かなり高い時計塔があり、昭和初期風のなかなかしゃれた建物です。(昭和14年竣工)

Dsc_1139s高台の上は芝生広場になっていて、チビッ子たちを連れたパパさん、ママさんたちで賑わっていました。 

枝垂れ桜の向うには昨年(2019年)竣工した新しい温室が見えています。東京大学理学部付属の施設ですが、民間からも寄付を募ったそうで、大口(10万円以上)寄付者の名前がステンレスの銘板に刻んで掲示してありました。花の写真の撮影を趣味としている先輩の名前が見えました。この先輩からは、立派な写真集をいただいています。

復路はデパートで買い物をするという隊長と池袋で別れ、西武デパート前からバスで帰りました。

Visited the Koishikawa Arboretum in Bunkyo-ku, Tokyo on Sunday, March 22, with my wife. Many children and their parents were enjoying outdoor lunch on the lawn in front of the new glasshouse. This arboretum is now attached to the University of Tokyo. It used to be the nursery of medical plants for Shogun during the Tokugawa Era.

«江古田の森公園移動運用 Portable Operation at the Egotano-mori Park